その他

最新VR技術で立体機動を駆使して巨人を駆逐せよ!新作VRゲーム『進撃の巨人VR: Unbreakable』本日よりアーリーアクセス開始!

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}株式会社UNIVRS(本社:東京都中央区、代表取締役:藤川啓吾)は、大人気漫画『進撃の巨人』(原作・諫山 創、講談社)を題材とした、新作VRゲーム『進撃の巨人VR: Unbreakable』のアーリーアクセスを『Meta Quest』で開始しました。また合わせてローンチトレーラーを公開しております。 ◆本日よりアーリーアクセス版の配信開始! アーリーアクセス期間中は限定価格の800円(税込)でご購入いただくことができます。 ご購入はコチラ:https://www.meta.com/ja-jp/experiences/6103719433003732/<『進撃の巨人VR: Unbreakable』ローンチトレーラー> <立体機動で自由に飛び回る爽快感> 立体機動装置を駆使し、巨人の脅威に立ち向かえ! <巨人の脅威に晒される絶望感> 喰われる恐怖に打ち勝ち、迫り来る巨人を駆逐せよ! <個性豊かな武器> 武器ごとの特性で変化する多彩な戦闘! <発売ロードマップ> <アーリーアクセスについて> アーリーアクセスでは、キャンペーンモードの前半(序章〜第2章)をプレイすることができます。 プレイヤーは自由に立体機動装置で飛び回る爽快感や、巨人との緊迫した戦闘を体験することができます。コンテンツのボリュームは約2〜3時間ほどとなっています。 さらに、アーリーアクセス期間中は限定価格の800円(税込)でご購入いただくことができ、1.0ビルドへのアップデートも無償でおこなえます。 2024年冬には、キャンペーンモードの後半とマルチプレイモードの販売も予定していますので、こちらもご期待ください。 <『進撃の巨人VR: Unbreakable』について> 本作は漫画『進撃の巨⼈』を題材としたVR専⽤⽴体機動ハンティングアクションゲームです。 プレイヤーは『進撃の巨⼈』の世界へと⼊り込み、調査兵団の⼀員となって⼈類の存亡をかけた巨⼈との戦いに挑みます。 ⾃ら⽴体機動装置を操り⾃由に空中を⾶び回る爽快感や巨⼈に喰われる恐怖に晒される絶望感など、原作で表現されていたことを体験することができます。 【ゲーム情報】 タイトル:進撃の巨人VR: Unbreakable ジャンル:VR専用立体機動ハンティングアクションゲーム プレイ人数:1-2名(※マルチプレイモードは2024年冬に向けて開発中) アーリーアクセス開始:2024年7月24日 期間限定価格:800円(税込) 対応言語:日本語、英語 音声:日本語、英語 対応ハード:Meta Quest 2, Meta Quest Pro, Meta Quest 3 ストアページ:https://www.meta.com/ja-jp/experiences/6103719433003732/ 開発/パブリッシュ:株式会社UNIVRS ゲーム公式サイト:https://aotvrub.com/jp/ ゲーム公式X(旧Twitter):https://x.com/Shingeki_VR_UB ©諫山創/講談社 ©︎ UNIVRS, Inc. <『進撃の巨人』について> 『進撃の巨人』(原作・諫山 創、講談社) は、巨人が支配する絶望に満ちた世界で人類が生き残るため、主人公のエレンを始めとする調査兵団が巨人に抵抗する戦いを描いた、世界中から愛される大人気漫画です。 連載は2009年に別冊少年マガジンでスタートし、2021年4月9日発売の「別冊少年マガジン5月号」にて完結、単行本の累計発行部数は世界累計1.4億部を突破しています。 <UNIVRSについて> 私たちUNIVRSは独自開発した「VR酔いを防止する移動技術」を軸にVRコンテンツ制作を行っています。 「どこへでも行けて、どんなことでもできて、どんな自分にもなれる」そんな最高の自由がある“もうひとつの世界”を作ることを目標に、今までにないVR体験を生み出し、世界に向けてVRコンテンツを発信していきます。 -会社概要- 会社名:株式会社UNIVRS 所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-9 NSビル26 2F 設立:2016年7月 代表:代表取締役CEO 藤川啓吾 URL: https://univrs.jp

eスポーツチームSCARZ、KANTOモータースクールとのスポンサー契約並びにネーミングライツ契約を発表

eスポーツとモータースクールの新たな取り組み株式会社XENOZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:友利 洋一)は、運営するeスポーツチーム「SCARZ」が、KANTOモータースクールとのスポンサー契約を締結しましたことをご報告いたします。 今回のスポンサー契約について 今回のスポンサー契約は、SCARZ eMotorsports部門のネーミングライツとなり、 「KANTOモータースクールSCARZ」としてJEGTをはじめとしたeモータースポーツ競技での活躍を共に目指して参ります。 KANTOモータースクールとSCARZはともに川崎を拠点としており今回のパートナーシップを起点に地元川崎の魅力を広げてまいります。 また、今回のパートナーシップコンセプトである「運転って楽しい!」を広げるべく競技だけでなくKANTOモータースクールのプランなどにSCARZを絡める等「教習所」×「eスポーツ」の文脈で様々なZ世代へアプローチをしてまいります。 ◾️KANTOモータースクールの受講プランにSCARZプランが登場。 免許取得コースにeスポーツ好き必見のプランが登場。限定グッズやイベントなど豊富な特典を用意しています。 ◾️KANTOモータースクール「溝ノ口校」「横浜西口校」に専用eスポーツルームが登場!! eスポーツルームで受講生を対象に、eMotorsports部門の選手とのファンミーティングや、限定特典など様々なイベントを実施予定です。 KANTOモータースクール代表 中村 象よりご挨拶  KANTOグループは創業以来71年、地域の免許取得のサポートをはじめ、街の交通の安全の活動に力を尽くしながら、地域の安全センターとしての役割を担い、そして多くの皆様に支えられながら、運転することの喜びを届けてまいりました。 今後も車を運転する喜びや楽しさ、初めてハンドルを握ったときの「あのワクワク感」をもっと多くの皆様にお届けするため、運転そのものが「たのしい」と実感させてくれるSCARZの皆様と新たな可能性を目指します。 私たちKANTOグループは、これからも一人ひとりとしっかり向き合い、「教習所」×「eスポーツ」で人の持つ可能性を最大化しながら、あっと驚くような新たなよろこびを創り続けてまいります。お互いの事業の未来がさらにより成長できるよう、私たちの新たな挑戦にご期待ください。 SCARZ代表 友利洋一よりご挨拶 このたび、私たちSCARZは、KANTOモータースクール様とのスポンサー契約を締結いたしました。KANTOモータースクール様は、川崎を拠点に、70年以上の歴史を誇る自動車教習所でこれまで何人もの生徒をドライバーへ育成されています。KANTOモータースクール様が長年にわたり提供してきた高い技術と「最大数の安全運転ができる優良ドライバーを世の中に送り出す」という理念は、我々SCARZの長い運営の中で様々な選手を輩出・共に成長してきたチームとして、シナジーを感じております。今後、KANTOモータースクール様と共に、eスポーツプレイヤーやファンの皆様に新たな価値を提供出来る事を期待しております。 「楽しく習う」をモットーに、eスポーツと教習所を融合したプランなどでKANTOモータースクール様と共に発信してまいります。 SCARZとKANTOモータースクール様は、それぞれの強みを活かしながら共に成長してまいります。私たちの今後の活動にご期待ください。 株式会社KANTO モータースクールについて 指定自動車教習所として、神奈川県内に横浜西口校、溝ノ口校、およびグループ校の湘南台自動車学校を運営しています。新規運転免許取得者の育成をはじめ、ペーパードライバーの再教育や児童から高齢者までを対象とした交通安全教室などを行い、地域の交通安全教育センターとしての役割を推進しています。 《HP:溝ノ口校》http://www.kanto-ms.com/mizonokuchi/ 《HP:横浜西口校》http://www.kanto-ms.com/yokohama/ 《X(旧:Twitter)溝ノ口校》https://x.com/kanto_ms_m 《X(旧:Twitter)横浜西口校》https://x.com/kanto_ms_y 株式会社XENOZについて 株式会社XENOZは、esportsチーム「SCARZ」の運営をはじめとするesports事業を展開しています。その他にもアパレル/グッズの運営やeスポーツ施設の運営、eスポーツを活用したビジネス開発など幅広く手がけております。 2022年には、大丸松坂屋百貨店やパルコを有するJ. フロントリテイリンググループの一員となり、日本から世界に通用するeスポーツ企業を目指し、事業を行っております。 スポンサーに関するお問い合わせはこちら https://www.scarz.net/contact 株式会社XENOZ 《HP》https://www.scarz.net/ 《X(旧:Twitter)》https://x.com/SCARZ5 《Instagram》https://www.instagram.com/scarz_jp/

プロeスポーツチーム『DONUTS VARREL』TABIO SPORTSとのスポンサー契約を締結

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}eスポーツ事業を手がける株式会社CELLORB(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:鈴木文雄)が運営するプロeスポーツチーム『DONUTS VARREL』は、靴下の企画・卸・小売事業を行うタビオ株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役:越智勝寛)が展開するアスリート向け靴下ブランドの「TABIO SPORTS」とスポンサー契約を締結いたしました。 このスポンサードを通じて、TABIO SPORTS様から『DONUTS VARREL』所属の選手へ世界最高水準の品質を誇る靴下をご提供いただくことにより、競技活動を足元からサポートいただきます。 <TABIO SPORTSよりコメント> eスポーツの創り上げてきた文化や仕組みは、今後他スポーツへも大きな影響を及ぼしてゆくであろうと思います。 そうした中で、今回、プロeスポーツチーム『DONUTS  VARREL』様とスポンサー契約を結ぶこととなり、大変喜んでいます。 TABIO SPORTSの靴下でチームを足元からサポートするとともに、eスポーツ業界のさらなる発展とチームの活躍を期待します。 <株式会社CELLORBよりコメント> この度、『DONUTS VARREL』はタビオ株式会社様が展開するアスリート向け靴下ブランド「TABIO SPORTS」と新たにスポンサー契約を締結いたしました。 今後はユニフォームへのロゴ掲載をはじめ、『DONUTS VARREL』の活動を通じて、TABIO SPORTSが提供する世界最高水準のアスリート向け靴下の素晴らしさを発信してまいります。  ■タビオ株式会社 概要 タビオ株式会社は1968年の創業以来、50年以上にわたって「靴下をはいていることを忘れてしまうような“第2の皮膚”」をめざし、追求してまいりました。 繊細な はき心地の靴下をつくるために、商品は、長年の経験と技術を積んだ日本の職人たちが一つひとつ丁寧に編み立てています。現在では日本全国で、「靴下屋」「Tabio」「Tabio MEN」などの靴下専門店を237店舗(2024年2月末時点)展開しています。 また「Tabio」名の店舗をパリ、ロンドン、中国などにも展開中で、Made in Japanのはき心地とデザイン性は、海外でも高い評価を得ています。 本社所在地 :大阪府大阪市浪速区難波中二丁目10番70号 なんばパークス内パークスタワー16F 代表者 :代表取締役 越智勝寛 事業内容 :靴下の企画・卸・小売・フランチャイズ チェーン(靴下屋)の展開・  直営店(靴下屋・ショセット・Tabio・TabioMEN)の展開 公式サイト :https://tabio.com/jp/ ■株式会社CELLORB...

セガ、『クレイジータクシー』新作の開発メンバーを募集中 プロジェクトへの意気込みを伝えるインタビュー動画を公開

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}株式会社セガは、現在開発中の「クレイジータクシー」シリーズ新作タイトルの開発メンバーを募集中です。また、開発メンバーがプロジェクトへの意気込みを伝える、インタビュー動画を公開しました。 ■クレイジータクシー 開発者インタビュー https://www.youtube.com/watch?v=uLQsitFYpg8 2023年12月8日(金)に実施された世界最大級のゲームイベント「The Game Awards 2023」において、セガは「クレイジータクシー」シリーズの新作タイトルを開発中であることを発表しました。 『クレイジータクシー』は1999年にアーケードで初登場したドライビングアクションゲームです。ドリームキャストをはじめとした家庭用ゲーム機に移植され、以降多数のシリーズ作がリリースされてきました。乗客を目的地まで送り届けるため街中を爆走する、従来のレースゲームとは異なるダイナミックな走りと爽快感満載のカーアクションが特徴です。 セガは現在、「クレイジータクシー」シリーズ新作タイトルの開発メンバーを募集中です。本日公開したインタビュー映像では、プロデューサーの菅野顕二や各セクションの開発メンバーが、新作で目指すことや意気込みなどについて語っています。ご興味を持たれた方は、ぜひ中途採用へのご応募をお願いいたします。 募集職種や採用要件については、セガ採用情報サイト(https://www.sega.co.jp/recruit/episode/episode17/)よりご確認ください。 なお、「クレイジータクシー」シリーズ新作の正式なタイトル名、発売時期、対応機種等の詳細は後日発表いたします。今後の情報にご期待ください。 ©SEGA ■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

k-IDへの投資

.css-1neyrr7{font-size:16px;font-weight:bold;line-height:1.8;color:rgba(0, 0, 0, 0.7);}Z Venture Capital株式会社(以下、ZVC)は、k-IDのシリーズAに出資します。(by Hyung Kim) デジタルネイティブである子どもたちにとって、現在のデジタル環境は魅力的である一方、ソーシャルプラットフォームの進化に伴い、子どもたちとゲームの間に、プライバシーや倫理的な問題も増えてきています。 また、ゲーム会社側は、ゲームを作成し、販売する際に、子どもたちが安全で適切に遊ぶことができるよう国や地域ごとに定められた法令を遵守することが求められます。 こうした現在のデジタル環境が直面している様々な課題に対して、解決できるプラットフォームを提供するのが、今回ZVCが出資するk-IDです。 k-IDを導入することでの変化――ゲームを販売する会社、それにゲームの開発者は、APIを介して、k-IDのソリューションにアクセスします。このとき、k-IDのソリューションは、膨大かつ、常にアップデートされているデータベースをもとに、開発者が各市場のコンプライアンス要件を満たすように、ゲームをカスタマイズすることをサポートします。 また、k-IDによるサポートにより、実際にゲームを利用する子どもたちやその親にとっても、メリットがあります。 【利用イメージ】 k-IDを搭載したゲームを初めて起動すると、プレイヤーの居住地域の法律に合わせ年齢確認画面が表示されます。プレイヤーは自身の年齢を入力します。 入力した年齢がその居住地域の「デジタル未成年」とk-IDのシステムが判断した場合、保護者がQRコード、ワンタイムパスワード、メールアドレスのいずれかを利用して認証します。これまで煩雑だった保護者の認証プロセスを、スムーズかつ安全に完了します。 コントロールの設定画面では、テキストチャットや広告表示から、子供のプロフィールや課金額などのゲーム内機能に関わる権限を保護者が細かく調整でき、安全のゲーム体験を与えながら、居住地域の法令を遵守していきます。 このようにk-IDでは、コンプライアンスエンジンとして、ゲームを販売する会社の規制要件を簡素化しながら、子どもたちと親たちにとって、より安全なオンライン環境を作り出すことが可能です。 また、業界の専門家によりバックアップされているk-IDは、法律、コンプライアンス、技術業界の安全性に関する深い理解と知識を持っており、現在のデジタル環境で直面しているさまざまな問題を解決するためのプラットフォームを構築しています。 今回の出資を担当したZVCのHyung Kimは、「Andreessen Horowitz(a16z)、Lightspeed、Okta Venturesと共にK-IDへのシリーズA投資を発表することを大変嬉しく思います。Kieran Donovan、Julian Corbett、Jeff Wu、Timothy Maを始めとしたチームメンバーと一緒に働くことを楽しみにしています。そして、私たちはパブリッシャーのための最も革新的なコンプライアンスプラットフォームを実装し、子供と親のオンライン環境の安全を確保していきます」と述べています。 k-IDについて k-IDは、子供やティーンエイジャー向けのクロスプラットフォーム即時サインオンソリューションであり、若いプレイヤーのプライバシーとオンラインセーフティの問題を解決するための包括的なサービスです。k-IDは、オンラインセーフティやプライバシー、ゲーム業界で国際的に認められた専門家やリーダーによって設立され、現職および元規制当局の意見を取り入れて、ゲーム開発者向けに世界で最もダイナミックな青少年向けコンプライアンスプラットフォームを提供しています。k-IDは、子供やティーンエイジャーが充実した年齢に適した体験を楽しめるようにし、保護者には安心を提供します。詳細は、www.k-id.comをご覧ください。

次世代を担う9名のeスポーツアスリートが上月財団「スポーツ選手支援事業」の対象選手に決定

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:早川英樹 以下、JeSU)は、9名のeスポーツ選手が、一般財団法人上月財団(理事長:上月景正 以下、上月財団)の2024年度「スポーツ選手支援事業」支援対象者に選定されたことをお知らせします。「スポーツ選手支援事業」は、上月財団が、日本を代表し将来が期待されるスポーツ選手・指導者に対して競技能力の向上を図り、スポーツ活動に打ち込める環境を整えるための支援をするもので、選手がパフォーマンスの維持・向上を図れるよう、1年間助成金が交付されます。eスポーツは、2021年より本事業の対象となっており、今年度も昨年に引き続き9名の選手が、支援対象に選定されました。2021年度に認定選手となった森翔真選手(もり・しょうま / WBSC eBASEBALL™パワフルプロ野球)は、昨年、国際オリンピック委員会(IOC)が主催する「オリンピック・eスポーツシリーズ2023」の野球競技で優勝を果たし、2023年度の「上月スポーツ賞」をeスポーツ選手として初めて受賞しています。JeSUは、日本におけるeスポーツの統括競技団体として、スポンサーの皆様の支援のもと、eスポーツ選手の地位向上と環境整備に取り組んできました。今後も、日本におけるeスポーツの振興を通して国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指し、これをもって国民の健康とともに、社会・経済の発展に寄与することを目的として活動してまいります。上月財団 第23回(2024年度) 「スポーツ選手支援事業」支援対象選手 (五十音順) 一般財団法人上月財団公式サイト https://www.kozuki-foundation.or.jp/日本eスポーツ連合(JeSU)について一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そしてeスポーツの振興を目的に国民、とりわけ青少年の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指しています。eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場の更なる拡大を目指し、競技タイトルの公認や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など様々な取り組みを行っています。また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めています。JeSUオフィシャルスポンサー:株式会社マウスコンピューター   興和株式会社活動助成: 一般財団法人上月財団   公益財団法人ミズノスポーツ振興財団協力: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)          一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)後援: 一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)          一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)

「プロジェクトラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」様 新規パートナー決定のお知らせ

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}この度、ツエーゲン金沢のオフィシャルパートナーとして、「プロジェクトラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」様にご協賛いただくことになりましたので、お知らせいたします。 「プロジェクトラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」様 新規パートナー決定について ■契約カテゴリーブロンズパートナー■掲出内容・ゴール裏LED看板・広見プラザコンコースバナー(南サイドスタンドとバックスタンドの間) ■ホームページhttps://www.lovelive-anime.jp/hasunosora/■「ラブライブ ! 蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」とはバーチャルだけどリアル 少女たちと「いま」を描く青春学園ドラマ、新年度スタート! 蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブは、1年365日、入学から卒業までの限られた時間のなかで、彼女たちと喜び、悲しみを共にし、同じ青春を過ごす、リアルタイム「スクールカレンダー」連動プロジェクトです。スマートフォン向けアプリをメインに、メンバーおよびキャストによる動画配信、雑誌展開、楽曲CDのリリース、ライブイベントなど、オールメディアで展開しています。▷公式サイト:https://www.lovelive-anime.jp/hasunosora/▷公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCxUgvwrVfqVpyak4cuKcevQ ■コメント『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』はツエーゲン金沢を応援しています!

がんばろう石川能登!復興支援を物産購入と寄付で支援

~景品企画にてお客様が交換された玉・メダルのうち150万円を石川県に寄付~ 全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:保坂 明)は、「令和6年能登半島地震」で被災された石川県への追加支援として、2024年3月15日~5月19日の期間、ダイナム239店舗にて景品企画「がんばろう石川能登」を開催いたしました。また、当景品企画にて、お客様が交換された玉・メダルのうち150万円を義援金として寄付いたします。なお、石川県への寄付は、6月末を予定しております。  当社では地震の発生直後よりさまざまな形で被災地支援に取り組んでおりますが、被災地においては、まだまだ支援が必要な状況にあります。このたびの活動におきましては、パチンコホールが実施できる取り組みを検討した結果、石川県の特産品を用いた景品企画の開催に至りました。8月度には、第2回を計画しており、継続的に支援が行えるよう活動してまいります。 被災された方々が一日も早く、普段の生活に戻れますことを心よりお祈り申し上げます。 ■令和6年能登半島地震に対する当社の支援活動 株式会社ダイナム  パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」となるよう改革し、「街と生きるパチンコ。」を目指すべく、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開しています。2024年6月現在、全国46都道府県に393店舗を展開し、1円パチンコなどの低貸玉営業を中心とした店舗展開を推進しています。 ・ダイナム公式サイト:https://www.dynam.jp ・ダイナム公式X:https://twitter.com/dynamjp ・ダイナム公式YouTube:https://www.youtube.com/user/dynamjp

「ギルティギア」シリーズ初となるTVアニメ化決定!『GUILTY GEAR STRIVE: DUAL RULERS』制作はサンジゲン ティザービジュアルも公開!

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}アークシステムワークス株式会社は、「ギルティギア」シリーズ初となるTVアニメ作品『GUILTY GEAR STRIVE: DUAL RULERS』(ギルティギア ストライヴ: デュアル ルーラーズ)の制作が決定したことをお知らせいたします。「ギルティギア」シリーズ初となるTVアニメ『GUILTY GEAR STRIVE: DUAL RULERS』 ティザービジュアル解禁!1998年に1作目が発売された、大人気対戦格闘ゲーム「GUILTY GEAR」シリーズ。シリーズ最新作の『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』では総ユーザー数250万人を超え世界各地で盛り上がりをみせています。その新たな展開として、シリーズ初のTVアニメ『GUILTY GEAR STRIVE: DUAL RULERS』の制作が決定、ティザービジュアルも本日解禁となりました! シリーズを代表するキャラクター、ソル=バッドガイとシン=キスクの背景に、佇む謎の少女―――。『GUILTY GEAR...

『エヌシージャパン』「商標法違反」及び「電子計算機使用詐欺」の容疑によるRMT業者の摘発報道について

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}エヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役会長:金 澤憲(キム テクホン)代表取締役社長:林 元基(イム ウォンキ)、以下エヌシージャパン)は、弊社ゲームタイトルに関するリアル・マネー・トレード(以下RMT)業者の摘発報道を受け、コメントを発表しました。 本日、一部報道機関において、神奈川県警サイバー犯罪捜査課と厚木署などにより RMT業者が商標法違反容疑に加え、電子計算機使用詐欺の容疑でも摘発されたとの報道がございました。 報道の通り今回の不法行為によってRMT業者が不当に収益を得ていたということであれば、弊社としましては、誠に遺憾であります。 RMTは、横行すればゲームバランスが崩壊し、サービスの縮小や停止を招くだけでなく、ゲーム利用者であるお客様のデータ盗難、ウィルス感染、情報漏洩などの被害にあわれることにもつながります。 これまでも繰り返しお伝えしてきましたが、不正なプログラムの利用やRMTの利用はゲーム利用者であるお客様のアカウントを危険な状態にするだけでなく、このような犯罪に加担することにもなってしまいかねません。 また万一犯罪に係わってしまった場合は、当局による調査の対象になる可能性もあります。 決して不正行為やRMTにかかわることがありませんよう、ご注意ください。 また、弊社としましては、RMTやBOTなどの不正アクセス被害や不正ツール使用を誘発する可能性がある一連のゲーム利用規定違反行為に対し、あらゆる手段・方法で対処しておりますが、今後もさらに活動を強化し、違法行為撲滅について積極的に取り組んでまいります。   ■エヌシージャパンについて http://www.ncjapan.co.jp/ 2001年9月に設立されたNCSOFT Corporationの日本法人。 日本国内で「MMORPG」というジャンルの草分け的存在の『リネージュ』をはじめ、『リネージュ2』『タワー オブ アイオン』『ブレイドアンドソウル』を提供中。 さらに、2019年にはスマートフォン向けMMORPG『リネージュM』のサービスを開始し、以降『雀龍門M』『リネージュ2M』『リネージュW』をリリースし、2023年8月に『ブレイドアンドソウル2』をリリースしました。 【サービスタイトル一覧】 リネージュ公式サイト https://www.ncsoft.jp/lineage/ リネージュ2ライブサービス公式サイト https://www.ncsoft.jp/lineage2/ リネージュ2クラシックサービス公式サイト https://www.ncsoft.jp/lineage2classic/ リネージュ2アデンサービス公式サイト https://www.ncsoft.jp/lineage2aden/ タワー オブ アイオン公式サイト https://event2.ncsoft.jp/1.0/aion/gate/ ブレイドアンドソウル公式サイト https://www.ncsoft.jp/bns/ リネージュM公式サイト https://lineagem-jp.com/ 雀龍門M公式サイト https://jmm.ncsoft.jp/ リネージュ2M公式サイト https://lineage2m.ncsoft.jp/ リネージュW公式サイト https://lineagew.plaync.com/ ブレイドアンドソウル2公式サイト https://bns2.plaync.com/ja-jp/index ポータルサイト「NCSOFT」...

QUEST株式会社、プロeスポーツチーム「XFACTORZ」を設立

eスポーツ業界の新たな価値の創造。栃木県から世界を目指すプロeスポーツチームが誕生この度、QUEST株式会社(以下、QUEST)は、プロeスポーツチーム「XFACTORZ」を設立を発表しました。新チームは「Apex Legends」のプロリーグに参加し、6月1日から始まるシーズンで上位入賞を目指します。 eスポーツ業界参入の背景QUESTは、eスポーツ業界の発展と革新を目指し、プロeスポーツチーム「XFACTORZ」を新たに設立しました。世界的な業界発展に伴い、eスポーツ関連団体の真価が問われるフェーズに差し掛かっております。クリーンなチーム運営を目指し、選手が競技に集中できる環境整備が必要であると考えます。応援してくださるファンの皆様、パートナー企業と共に成長しながら、業界の発展に貢献していくチームを目指します。XFACTORZに込められた意味「XFACTORZ」のチームブランドの由来である「X-factor」には、「特別な才能」という意味がございます。それぞれが自身の持ちうる最大限の才能とパフォーマンスを全力で発揮し、夢や感動を与えられるチームになることを目指します。 APEXLegends部門設立スタートアップとして、「XFACTORZ」は、「Apex Legends」のプロリーグに参入します。チームメンバーは以下の3名が加入しました。 ・SIZU  ・Ail3iS  ・VOLzZ  チームコーチとして「JIGEN」が就任し、チームの戦術と戦略をサポートします。これにより、「XFACTORZ」は強力なプレイと独自の戦術で観客を魅了し、プロリーグでの上位入賞、世界大会出場を目指します。栃木から世界へ栃木県内ではサッカー、バスケットボール、アイスホッケー、サイクルロードレース、野球で計8つのプロスポーツチームが地域を盛り上げています。XFACTORZは、栃木県内9つ目のプロスポーツチームとして、地域の皆様に応援されるチームを目指し、栃木を盛り上げていきたいと考えています。今後のビジョン「XFACTORZ」は、6月1日から始まるAPEXLegendsプロリーグでの活躍を通じて、さらに多くのファンやサポーターを獲得することを目指します。将来的には、他のeスポーツタイトルにもチームを拡大し、業界全体の発展に寄与する計画です。また、eスポーツを基軸とした教育活動や高齢者サービス、eスポーツイベントの企画といった事業も地域の企業、地方自治体と連携して行きたいと考えています。現在、eスポーツを活用した世代間交流イベントや地域創生イベントを計画中しております。QUEST株式会社の詳細については、公式ウェブサイトをご覧ください。今後とも「XFACTORZ」へのご支援と応援をよろしくお願いいたします。 補足情報QUEST株式会社は、スポンサー企業および新部門のメンバーを広く募集しています。興味をお持ちの企業や個人は、弊社の公式ウェブサイトまたはお問い合わせ窓口までご連絡ください。 【お問い合わせ】 〇XFACTORZ公式 Xhttps://x.com/XFACTORZ_JP〇公式WEB現在公開準備中

プロeスポーツチーム「REIGNITE」が『PARAVOX』部門を設立!

.css-x2c52n{font-size:15px;font-weight:600;line-height:1.8;color:rgba(0, 0, 0, 0.7);}@media screen and (min-width:1024px){.css-x2c52n{font-size:18px;}}株式会社Reignite Entertainment(本社:東京都目黒区)が運営するグローバルeスポーツチーム「REIGNITE」が新たに『PARAVOX』部門を設立し、選手として「nyanmaru(にゃんまる)」「pantetsu(ぱんてつ)」「Yotty(よってぃ)」の3名が加入いたしました。 PARAVOXとは、2024年4月27日からオープンα版としてリリースされている、基本プレイ無料のハイスピードTPS(三人称視点のシューティングゲーム)です。 eスポーツのプロ競技シーンを強く意識した、3対3形式のゲームデザインが特徴です。 高速で繰り広げられる戦闘と高い戦略性が生む「競技性の高さ」、一試合が早期に決着する「気軽さ」、チームの完成度が問われる「連携を重視したゲーム性」が、プロeスポーツプレイヤーの間で注目を集めています。 PARAVOXの詳細については公式サイトをご覧ください。 ■PARABOX公式サイト https://paravox.games/jp この度REIGNITEに加入した「nyanmaru」「pantetsu」「Yotty」の3名は、PARAVOXゲーム内ランキングでは最高レートを記録するなど目覚ましい成績を記録。 トーナメントシーンでも「PARAVOX VARREL OPEN Vol.1」で4位、「PARAVOX VARREL OPEN Vol.2」では準優勝を記録するなど、トッププレイヤーとしてPARAVOXの競技シーンをけん引しています。 3選手は6月1日(土)から開催される、PARAVOX初の公式大会『PARAVOX Gold Rush Tournament(通称PGRT)』に出場いたします。 REIGNITEには、世界の頂点を目指せる実力を持つメンバーが集まったと自負しています。 PARAVOX部門の活躍にどうぞご期待ください。 nyanmaruこの度、REIGNITEに加入することになりましたnyanmaruです。 新たな部門の作成、またチーム加入と素晴らしい機会を与えて頂き感謝します。 PARAVOXチームメンバー一丸となって成果を挙げられるように頑張りたいと思います。 今後ともよろしくお願いします! Xアカウント : https://x.com/nyanmaru_8_4 pantetsuこの度、REIGNITE PARAVOX部門に加入させていただきましたpantetsuと申します。 とても良い支援を受けさせていただけるので、ご期待に応えられるよう精いっぱい頑張ります! 優勝して1億持って帰ります! Xアカウント : https://x.com/pantetsu_ow Yottyこの度、REIGNITEに加入することになりましたYottyです。 今後チームを支える存在になれるよう、全力で頑張りたいと思います!よろしくお願いします。 Xアカウント : https://x.com/Yotty_1 【PARAVOX...

【コロプラ】グループ会社Brilliantcrypto5月27日「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO購入申し込み開始6月17日ゲームリリース決定

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}株式会社コロプラ(代表取締役社長:宮本貴志、本社:東京都港区、以下「コロプラ」)のグループ会社である株式会社Brilliantcrypto(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬場功淳、以下「Brilliantcrypto」)は、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡)の提供するCoincheck IEOでのブリリアンクリプトトークン(BRIL)の購入申し込み開始が5月27日、PC版ゲームリリース日が6月17日に決定しました。 さらに、ゲームとブリリアンクリプトトークン(BRIL)の詳細情報を記載した「ホワイトペーパー」や、フットボールクラブ「パリ・サンジェルマン」とのコラボレーション動画の公開、Xキャンペーンも開催します。 コロプラは「"Entertainment in Real Life"エンターテインメントで日常をより楽しく、より素晴らしく」をミッションに掲げ、最新のテクノロジーと、独創的なアイデアで"新しい体験"を届けるエンターテインメントの創造に日々挑戦しています。 近年、世界的にブロックチェーン技術やXR/メタバースなどの分野は多くの注目を集め、今後の成長が期待されています。このような背景を受けて、コロプラグループでは、2022年にブロックチェーン技術または暗号資産、NFTを活用したGameFiなどのサービス開発、および配信を行うBrilliantcrypto社を設立するなど、急速に変化する市場や環境に対応し、企業価値向上を図っています。 ■IEO実施の背景 Brilliantcrypto社はゲームプレイを通じてデジタル世界に宝石を創出し、多様なメタバースに持ち込めるようにすることでメタバースに新たな経済圏を生み出すプロジェクトを推進しています。 IEOとは、日本国内の法規制に則って暗号資産取引所が主体となってプロジェクト審査を行い、暗号資産(トークン)の公募売出し・流通を行う仕組みです。Brilliantcrypto社は、法令を遵守した形で利用することが可能な暗号資産とその売買が可能な市場を利用者に提供することや、事業展開のために必要な資金を調達することを目的として、IEOの実施を決定いたしました。 ■IEOおよびゲームのスケジュール ・5月27日(月):Coincheck IEOにてブリリアンクリプトトークン(BRIL)の購入申し込み開始 ・6月10日(月):IEO購入申し込み終了 ・6月11日(火)〜12日(水):抽選結果通知およびブリリアンクリプトトークン(BRIL)受渡し ・6月17日(月):PC版ゲームリリース、ならびにCoincheck 取引所および販売所※において取扱い開始 ・7月以降:モバイル版リリース予定 ※Coincheck販売所における取扱いは、当社取引所に十分な流動性があることを確認できた後に開始します Coincheck IEO公式サイト:https://coincheck.com/ja/ieo/projects/bril ■ブリリアンクリプトトークン(BRIL)について ブリリアンクリプトトークン(BRIL)はポリゴンブロックチェーン上で発行される暗号資産です。Brilliantcrypto内で使用できるつるはしNFTの購入や強化、耐久力の回復などに使用することができ、ゲームを始めるため、プレイをより効率的にするために使用されます。 ・発行者:株式会社Brilliantcrypto ・発行トークン:ブリリアンクリプトトークン(BRIL) ・ホワイトペーパー:https://brilliantcrypto.net/jp/whitepaper/project/ ■ブロックチェーンゲーム『Brilliantcrypto』について "持続可能なPlay to Earn"の実現を目指すブロックチェーンゲームで、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Work」より着想を得た「Proof of Gaming」という新しい仕組みを導入しています。ゲームプレイを通じて、デジタル世界における石の価値を証明することで、他人の価値を創出する「Proof of Gaming」により、メタバースに価値ある経済圏を生み出す日本発のグローバル大型プロジェクトです。 プロモーションビデオ: ■ IEOについて IEOは「Initial Exchange Offering」の略称で、企業やプロジェクト等が発行した暗号資産に対して、暗号資産取引所が審査を行った上で販売を行う仕組みです。資金を調達できるだけでなく、暗号資産を活用したコミュニティの形成・強化がしやすいことが特徴です。 ■IEO記念スペシャルムービーとキャンペーン Brilliantcryptoのプレミアムパートナーであるフランスのフットボールクラブ「パリ・サンジェルマン」とのコラボレーション動画を公開しました。さらにコインチェック社のXアカウントにて、抽選で総額10万円相当のBRILが当たるキャンペーンも開催します。詳細は、コインチェック社の投稿をご確認ください。 ・コラボレーション動画: ・コインチェック社 Xアカウント:https://twitter.com/coincheckjp 【株式会社Brilliantcrypto 会社概要】 ブロックチェーンゲーム事業を行う、株式会社コロプラのグループ会社です。ブロックチェーンゲームが抱える課題に真剣に向き合い、人々の目を惹き付けるような、ひときわ輝くゲームを作るために設立されました。ブロックチェーン技術とコロプラグループが長年ゲーム事業で培ってきた豊富なノウハウを活用し、全世界に向けて、新しい価値を創造します。 社名:株式会社Brilliantcrypto(英語表記:Brilliantcrypto, Inc.) 所在地:東京都港区赤坂9-7-2 ミッドタウン・イースト5F・6F 設立:2022年11月9日 代表者:代表取締役社長 馬場功淳 コーポレートサイト:https://brypto.net/jp/about/ ゲーム公式サイト:https://brilliantcrypto.net/jp/ Discord:https://discord.gg/brilliantcrypto X:https://twitter.com/Brypto_Official X[日本語]:https://twitter.com/Brypto_JP YouTube:https://www.youtube.com/@Brilliantcrypto Medium:https://brilliantcryptoblog.medium.com/ 【株式会社コロプラ 会社概要】 社名:株式会社コロプラ 所在地:東京都港区赤坂9-7-2 ミッドタウン・イースト5F・6F 設立:2008年10月1日 代表者:代表取締役社長 宮本貴志 事業内容:スマートフォンゲーム、コンシューマーゲームの開発・提供/XR、メタバース、ブロックチェーンゲームの開発・提供/国内外の未上場企業への投資およびファンド運用 コーポレートサイト:https://colopl.co.jp/ 公式Ⅹ:https://twitter.com/colopl_pr 公式Facebook:https://www.facebook.com/coloplinc/ 【本リリースに関するお問い合わせ】 株式会社コロプラ 広報グループ  https://colopl.co.jp/contact/pr/ press@colopl.co.jp

eスポーツキャスターVTuber『ナナホシナナ』がI-FREEK GAMESに所属~eスポーツを通した更なる社会貢献へ~

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;} 株式会社アイフリークモバイル(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 邦臣、以下 当社)は、eスポーツキャスターとして活躍するVTuberの『ナナホシナナ』氏が、当社グループ会社である株式会社I-FREEK GAMES(以下 I-FREEK GAMES)の専任キャスターとして所属することをお知らせいたします。   ナナホシナナ氏は、eスポーツキャスターとして活躍するVTuberです。YouTubeのチャンネル登録者数は3万人を超え、数多くのイベントで実況を担当するなど、eスポーツ業界の第一線で活躍をしております。  I-FREEK GAMESでは、eスポーツ 関連サービス(イベントの企画、運営、配信、機材貸出、スタッフの派遣等)を提供しておりますが、この度のナナホシナナ氏の所属により、同氏はeスポーツ関連サービスの顔として、各種大会やイベントでのキャスターを務めることになります。  ナナホシナナ氏と共に、eスポーツのさらなる普及と発展を目指し、I-FREEK GAMESが掲げる「eスポーツを通しての社会貢献」を提供していきます。 ■eスポーツキャスターVTuber ナナホシナナ コメント  この度、株式会社I-FREEK GAMESに所属させていただくこととなりました。「eスポーツを通しての社会貢献」を目指して活動をされている社員の皆様と一緒にeスポーツキャスター兼VTuberとして、いちプレイヤーとしても全力を尽くさせていただきます。これまで個人で活動をしてきたことを活かし、新たなステージで社会貢献できるように尽力いたしますので、よろしくお願いいたします。 ■ナナホシナナ プロフィール 名前     ナナホシ ナナ   活動実績 2022年5月        VStreamer杯 vol.0 2022年11月      APEX LEGENDS STREAMER FES 2023年8月        春風杯 2023年12月   ...

IMAGICA GEEQとメタバースコミュニティ「ピグ」が共同で、クリエイターの採用・育成強化を目的に、ピグクリエイティブ制作協業チームを組成

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}映像の企画から制作、映像編集、配信・流通向けサービスに至るまでを、グローバルにワンストップでお届けする株式会社IMAGICA GROUP(本社:東京都港区、代表取締役社長:長瀬 俊二郎)のグループ会社で、ゲーム事業を展開する株式会社IMAGICA GEEQ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田 正和、以下「IMAGICA GEEQ」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田 晋、以下「サイバーエージェント」)が提供するメタバースコミュニティ「ピグ」と共同で、「ピグ」アイテム企画・制作に携わるクリエイターの採用・育成プロジェクトを開始し、ピグクリエイティブ制作協業チームを組成しましたことをお知らせいたします。 サイバーエージェントが提供する「ピグパーティ」は、仮想空間で自分好みのピグ(アバター)を「きせかえ」たり、お部屋の「もようがえ」ができるほか、友だちとリアルタイムにコミュニケーションをとることができるアバターSNSアプリです。「アメーバピグ」の派生サービスとなるスマートフォンアプリとして2015年に開始して以来、ティーン層を中心に高い人気を誇っています。 3D・2DCG制作を強みとするIMAGICA GEEQでは、これまで家庭用ゲーム・ゲームアプリ・PCゲームなど数多くのゲーム開発会社のプロジェクトに参画してまいりました。「ピグパーティ」においても、「アメーバピグ」時代の2013年からアバターやアイテムなどのイラスト・制作に携わっており、IMAGICA GEEQ 内にピグ専属イラストレーターチームを設置するなど10年にわたってパートナーシップを築いております。 このたび、IMAGICA GEEQは「ピグ」に携わるクリエイターの採用・育成強化を目的に、サイバーエージェントにおけるピグ事業と共同でピグクリエイティブ制作協業チームを組成することで、「ピグ」に携わるクリエイターの採用を強化するほか、ピグ事業と連携しながら制作できる環境の提供、サイバーエージェント主催のイラストスキル研修の実施、クリエイター向けイベントの開催など、クリエイターの成長機会の提供を図ってまいります。 また、今後は、2024年2月にIMAGICA GROUPのグループに参画したアプシィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石塚 雅也)とも連携し、ピグクリエイティブ制作協業チームとの開発連携体制づくりも予定しております。 IMAGICA GEEQはこれからもクリエイターの育成を強化し、技術とノウハウを継承し続けていくことで、「Global Gaming Service Company」としてお客さまの期待を超える高品質なサービスを提供してまいります。 「ピグ」サービスについて 1.「ピグパーティ」サービス概要 「ピグパーティ」は自分好みのピグ(アバター)で「きせかえ」や「もようがえ」を通して友だちとライブでコミュニケーションをとることができる新感覚“おしゃべりアプリ”です。 オシャレな最新トレンドファッションから動物着ぐるみまでアイテムは数万点!3タップでカンタンに着せ替えをして、自分だけのアバターを作って可愛い服を着て、チャットやSNSを楽しむことができます。 タイトル:ピグパーティ ジャンル:アバターコミュニティ 配信:App Store、Google Play 利用料金:基本プレイ無料 ※一部有料コンテンツがあります。 提供開始:App Store /2015年8月18日(火)      Google Play/...

Visa、プロeスポーツチーム「REJECT」とスポンサーシップ契約を締結

.css-b4hc9m{font-size:15px;font-weight:700;line-height:22px;color:var(--color-gray-600);}.css-b4hc9m a{color:#358cda;display:inline-block;}.css-b4hc9m a:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:シータン・キトニ―、 以下Visa)は、プロeスポーツチーム「REJECT」を運営する株式会社REJECT(本社:東京都文京区、代表取締役:甲山翔也、以下、REJECT)とスポンサーシップ契約を締結しました。 Visa代表取締役社長 シータン・キトニーは次のように述べています。「私たちは、コミュニティを育み、一人ひとりが可能性を発揮し挑戦することを支援するというVisaの価値観に合致するREJECTとのパートナーシップを始めることをとても嬉しく思っています。eスポーツを推進し、限界に挑戦し続けるアスリートを支援するという同社のコミットメントは、決済の未来を革新するという私たち自身の理念を体現しています。アスリートがそれぞれの分野で最高のパフォーマンスを発揮しようと努力する中、私たちも決済体験を向上させるために、絶え間なく限界に挑戦しています。このイノベーションとチャレンジの精神の名のもとに、私たちは熱意とテクノロジーをシームレスに融合させ、eスポーツと決済の未来をREJECTと共に構築していきたいと思います。」 株式会社REJECT代表取締役 甲山翔也氏は「この度、国際決済テクノロジーパートナーとして、世界中のスポーツイベントを支えてきたVisaとのスポンサーシップ契約締結を発表でき、大変嬉しく思います。REJECTはこれまで「好きなことを好きと言える世界の実現」を目指し、eスポーツの産業化に取り組んでまいりました。今回の提携を通じて、eスポーツおよびゲームコミュニティのさらなる発展に貢献し、多方面で世界に挑むeスポーツ選手たちを支えていきたいと考えています。」と述べています。 また、REJECTは本スポンサーシップ契約締結に際し、REJECTストリートファイター6部門所属「ときど」氏を主演に起用した記念ムービーを発表します。 ■「ときど」氏よりコメント 「世界中で使えるVisaは決済手段として、とてもお世話になっております。言葉や文化が違う遠い離れた地においても、Visaさえあれば安心して競技に臨むことができます。より一層競技に精進すると同時に、eスポーツの魅力や素晴らしさを表現できるように努めて参ります。」 ■ムービータイトル「最強を超えろ | Visa x REJECT」 URL:https://www.youtube.com/watch?v=-e9vwMbNmRg Visaは、アスリートを支援しながら、スポーツを通じてインクルーシブな世界の構築を目指してきました。今後ともVisaはREJECTとの提携により、決済ネットワークの提供だけでなく、eスポーツの発展と価値向上を目指して、さまざまな活動に取り組んでまいります。 【Visaについて】 Visaは電子決済の世界的リーダーとして、世界200以上の国と地域における決済取引によって消費者、加盟店、金融機関や政府機関をつないでいます。Visaのミッションは、最も革新的かつ利便性や信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。私たちは、世界中のすべての人にとっての包括的な経済こそが、世界中の人々の生活を向上させ、経済へのアクセスが決済の未来へつながると信じています。詳しくは、Visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。 【REJECTについて】 REJECTは2018年発足のプロのeスポーツチーム。主に世界的に人気なゲームタイトルを取り扱い、現在はPUBG MOBILE/VALORANT/Apex Legends/Identity V /大乱闘スマッシュブラザーズ/ストリートファイターの6タイトルの部門を保有。モバイルシューティングゲームでは日本トップの実績を誇り、『PUBG MOBILE』部門は、同タイトルで国内最多となる11回の世界大会出場経験を誇る。また、国際大会『Peacekeeper Elite Championship2020』では世界大会で日本歴代最高順位の8位を記録、昨年は賞金総額3億円の国内最大のプロリーグ『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』で優勝し、2021年の獲得賞金ランキングでは国内1位に輝いている。

eスポーツカルチャーマガジン『GAMEZINE Vol.27』にRATELの広告が掲載。

.css-x2c52n{font-size:15px;font-weight:600;line-height:1.8;color:rgba(0, 0, 0, 0.7);}@media screen and (min-width:1024px){.css-x2c52n{font-size:18px;}}この度、株式会社RATEL(本社:東京都渋谷区、代表:山田真広 https://ratel.games/ )は、eスポーツカルチャーマガジン『GAMEZINE(旧:GAME STAR)』の最新刊『GAMEZINE Vol.27』に当社の広告を出稿いたしました。2015年の創刊以来、様々なゲーム/eスポーツシーンの最前線に立つ方々のリアルを届けてきた『GAMEZINE』へ出稿できたことを光栄に思います。 『GAMEZINE Vol.27』概要・名称 : GAMEZINE Vol.27 ・特集 : Apex Legends™ Global Series 特集 ・配布部数:9,000部 ・配布店舗 : 14都道府県 42ヵ所   – ゆきお(RIDDLE) インタビュー   – ALGSキャスター 大和...